ロイヤルパークホテルズ SDGsの取り組みについて

ロイヤルパークホテルズは、SDGs実現に対する責任の一旦を担い、課題解決とともに、社会から、利用者から、取引先からの信頼を得るために、様々な取り組みを行っております。
 

ロイヤルパークホテルズの取り組み

生分解性ストローの導入

  
年間約28万本使用しているプラスチック製ストロー(ストレート)を、自然環境に負担が少なく、生分解をする植物由来の生分解性ストロー(※)への変更を実施しております。
※生分解性ストロー:・導入製品:JBPA(日本バイオマスプラスチック協会)グリーンプラマーク取得の生分解性ストロー(トウモロコシなどのでんぷんから得られるポリ乳酸を原料とする植物由来の自然循環型樹脂を原料)

客室アメニティのバイオマス化


4月1日施行予定の「プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律」を見据え、客室アメニティ(※1)をバイオマス製品シントワールド「エコアメニティシリーズ」に順次切替えております。
本シリーズは、籾殻を配合した原料や再生プラスチックを使用しており、包材も紙製のため環境に配慮した製品で、ヘアブラシ・シャワーキャップ・歯ブラシはバイオマスマーク40 (※2)を取得しております。
※1 歯ブラシ・ヘアブラシ・カミソリ・シャワーキャップ・ボディタオル・コットン
※2 生物資源(バイオマス)の割合が「10%以上(乾燥重量)」で、品質および安全性が、一定の基準を満たしている商品に表示できるマーク。

再生ミネラルウォーターの導入


 
ごみの削減やリサイクル促進を目指し、100%リサイクルの再生ペットボトルを使用したミネラルウォーターを導入(※)いたします。
再生ペットボトルは、一般回収されたペットボトルを再生可能なものにリサイクルしたプラスチックを利用しており、ペットボトルの再利用循環を促進する環境にも配慮されたものです。
※ミネラルウォーターを置かない取り組みを実施しているホテルもございます。

フェアトレード認証 飲食材の導入

         
開発途上国の原料や製品を適正な価格で継続的に購入し、開発途上国の生産者や労働者の生活改善と自立を目指すフェアトレードの取り組みにホテルチェーンとして賛同し、認証ワイン、国際フェアトレード認証コーヒーを導入しております。 

皇居外苑濠の水草や生分解性ストローを堆肥として活用した
サステナブルな野菜を使ったスープ提供とマルシェの開催 (提供終了・開催済)


生分解性ストローを使った堆肥から栽培されたトウモロコシと皇居の菱を使った堆肥から栽培された玉ねぎをそれぞれ冷製と温製のスープに加工。野菜本来の甘さと旨味を活かした、スープに仕上げました。(提供終了)
「サステナブルな野菜を手に取ってもらうことで、SDGsを身近に感じてもらいたい」との思いによりマルシェを企画、ザ ロイヤルパークキャンバス 銀座8ザ ロイヤルパークキャンバス 神戸三宮にて2021年9月に開催いたしました。
 
(2022年3月時点の情報となっております)

ホテル独自の取り組み

サステナブルなライフスタイルホテル
「ザ ロイヤルパーク キャンバス 札幌大通公園」

 
 
2021年10月1日に開業した「ザ ロイヤルパーク キャンバス 札幌大通公園」は、地産地消をベースに「北海道を体感する」サステナブルなライフスタイルホテルです。
国内初の⾼層ハイブリッド木造ホテルであり、客室のほかロビー空間等へのインテリアにも北海道産木材を活⽤する等、食だけでなく空間そのものからも北海道を感じられるホテルとなっております。
JAZZの街としても有名である札幌をお楽しみいただけるよう、全ての客室にレコードプレーヤー、木製のスピーカーを設置、また、アメニティの一部(歯ブラシ、シェイバー、ヘアブラシ等)は、籾殻を原料にした環境にやさしいアイテムをご用意しております。  

・HOKKAIDO WOOD BUILDING 第1号認定 北海道庁/HOKKAIDO WOOD BUILDING登録一覧ページ
・WOOD DESIGN賞(※) 2021 ハートフルデザイン部門 優秀賞(林野庁長官賞)受賞
 ※「WOOD DESIGN賞」は、林野庁の補助事業として 2015 年より実施され、木の良さや価値を再発見させる製品や取組みについて、木のある豊かな暮らしが普及・発展し、日々の生活や社会が彩られ、木材利用が進むことを目的としています。

横浜市 SDGs 認証制度「Y-SDGs」において上位認証事業者“Superior(スーペリア)”を取得
「横浜ロイヤルパークホテル」


横浜ロイヤルパークホテルは、神奈川県横浜市が定める「横浜市SDGs認証制度”Y-SDGs”」において、上位認証事業者である「Superior(スーペリア)」の認証を取得いたしました。 (2021年6月30日付)
また、総支配人である雄城を委員長とする「SDGs委員会」を発足し、これまで以上にSDGsへの取り組み強化とホテルで働くスタッフの意識向上を図るとともに、「Y-SDGs」において最高評価にあたる「Supreme(スプリーム)」の取得を目指します。

また、横浜ロイヤルパークホテルではグループの取り組みに加え、独自に取り組んでいるものもあります。

フードロス・ロスフラワーの削減

  
ホテル1階 デリカ&ラウンジ「コフレ」で売れ残り、消費期限が近いなどの理由で本来は破棄されるホテルメイドのブレッドや惣菜を有効活用。また、ロビー・レストラン・宴会場の装飾用に仕入れた花々で実際に使用できなかったものを、小さなブーケにしてホテル1階 デリカ&ラウンジ「コフレ」にて販売しております。

環境に配慮した客室

一部の客室では、プラスチックの使用量を40%削減したエコアメニティの導入や、ロクシタン社が実施するバスアメニティボトルの回収に協力をしております。また、2022年1月より開始したレギュラーフロアの改装では、1993年開業当初から使用していた上質な家具を廃棄することなく、修理をして再活用。また、不要となった羽毛布団を「グリーンダウンプロジェクト」へ提供するなど、廃棄を減らす取り組みを行っております。

排水の再利用


横浜ランドマークタワー内のホテルや飲食店舗の厨房などから出た排水を中水道設備で浄化し、トイレの洗浄水として再利用しております。
水資源を有効活用するとともに、排水量を削減し、下水道の負担を軽減しております。
(2022年3月時点の情報となっております)

 持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは

2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された,2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。

 



掲載の写真は実際と異なる場合がございます。
PAGE TOP